Itaru Horikawa (Nabowa)

Artist Website

ARTIST BIO

京都を拠点に活動している4人組インストゥルメンタル・バンド、Nabowa(ナボワ)。

 

現在までに3枚のアルバム、数枚のミニアルバム、シングル、アナログ盤をリリース。
2010年5月発売のセカンド・アルバム『Nabowa』では、
ツアーで鍛えられた演奏とノスタルジアをおぼえるNabowaオリジナルの世界観が見事に交差し、各方面より大きな反響を得た。
リリース後には「FUJI ROCK FESTIVAL ’10」をはじめ大型フェスに多数出演、
ライブバンドとしても高い評価を得ている。
2011年4月にはシングル『SUN』を発表、夏には2年連続となる「FUJI ROCK FESTIVAL ’11」に出演、
2011年9月には、数人のシンガーを迎えた非インストゥルメンタル・アルバム『DUO』を、
2012年3月にはDVD『ナボワのライ ブ』を発表。
2012年9月、サード・フルアルバム『Sen』を発表し、「朝霧JAM2012」にも出演。
2013年1月、初となるライブアルバム『20120707』を発表。

結成10周年を迎える2014年は、6月18日に2年振りとなる待望のフォース・アルバム『4』をリリース、
更に全国ツアー、結成10周年を 記念した様々なコラボレーションなども予定されている。

メンバー:
堀川達(ベース)、景山奏(ギター)、川上優(ドラム/ピアノ)、山本啓(ヴァイオリン)

 

Nabowa is a Japanese organic jam band based in Kyoto. Formed in April 2004, the group is composed of violinist Hiraku Yamamoto, guitarist Kanade Kageyama, djembe player Yu Kawakami, and bassist Itaru Horikawa, who joined in March 2006. Nabowa started their activities as a street band. Their live performances feature musical improvisation that crosses genre boundaries, blending dub, jazz, rock, ambient, modern music, etc. Nabowa’s genre-bending sound quickly gained widespread acclaim from all ages and attracted numerous live offers from multi places — clubs, live houses, cafe, bars, department store, temple, wedding hall, etc. Establishing a reputation that they create heartwarming melodies for all, Nabowa eventually generated a buzz in the street scene of Kyoto.

CLOSE

Shopping Cart

Please turn your device